ほくろ美白サポートやいぼ除去クリームおすすめまとめリスト

当サイトでは、ほくろやいぼなどの対処や美肌ケアの方法や、それらに役立つおすすめクリームのメリットなどをわかりやすく解説していきます。

MENU

顔のクリームで起こりうるアレルギー反応

顔のクリームで起こりうるアレルギー反応

顔のクリームをつけてみて、赤みやかぶれなどの症状が出たとすれば、ただちに使用を中止する必要があります。

なぜ顔のクリームで肌トラブルを引き起こしてしまうのでしょうか?そのような肌トラブルを対処するためには、原因を見極める必要があります。

では、顔のクリームで起こりうるアレルギー反応にはどのような症状がでるのか、みてみましょう。

クリーム使用後すぐ症状がでて治まらない場合

顔のクリームを塗った直後に湿疹やかぶれ、赤みなどのアレルギー反応が生じた場合、クリームの中に肌に合わない成分が配合されていたことが考えられます。

すぐのクリームの使用を中止し、顔につけたクリームをすべて洗い流しましょう。それだけでも症状が和らぐこともあります。

しかし、何時間経過しても症状が落ち着かず悪化しているようなら、皮膚科を受診することをオススメします。

クリームに配合されていた成分のうち、どの成分が自分の肌に合っていなかったのかを判断することは簡単ではありません。そのため、シンプルなクリームを使用する必要があるかもしれません。

クリーム使用後すぐに症状がでて治まる場合

顔のクリームを塗った直後に湿疹やかぶれ、赤みなどが生じ、時間が経過すると治まる場合は、お肌のバリア機能が低下していると思われます。

肌のバリア機能が低下していると、クリームなどの外部からの刺激を含め、何でも敏感に反応してしまう肌状態となっています。

一度スキンケア商品の使用をやめた方が良いでしょう。また、洗顔を控えたり、睡眠や食事、運動、禁煙、喫煙などの生活習慣を見直してみても良いでしょう。

そして、バリア機能を高めるサポートをする、セラミドが配合されているクリームの使用がオススメです。

クリームを使用し始めて数日後に症状がでる場合

顔のクリームを使用し始めてから数日後に、湿疹やかゆみなどの症状がでる方もいます。クリームが肌に合っておらず、アレルギー肌になってしまった可能性があります。

特に敏感肌や乾燥肌の方にとって、肌に必要な美肌成分が刺激をなることもあります。そのため、低刺激のクリームを選ぶ必要があるでしょう。

また、お肌に刺激やダメージを与える界面活性剤や防腐剤、香料、着色料、シリコン、鉱物などの添加物が含まれていないクリームを選ぶことも重要です。

少しでも肌にやさしい成分が使用されているクリームを選び、お肌を刺激から守り、美肌を目指していきましょう。


TOP