ほくろ美白サポートやいぼ除去クリームおすすめまとめリスト

当サイトでは、ほくろやいぼなどの対処や美肌ケアの方法や、それらに役立つおすすめクリームのメリットなどをわかりやすく解説していきます。

MENU

自分で取ってはいけないいぼとほくろの見分け方

自分で取ってはいけないいぼとほくろの見分け方

いぼとほくろはとても似ているものですが、それが生じる原因や仕組みは異なっています。

ほくろ美白サポートやいぼ除去クリームなどを使用し、自分でケアすることが可能ないぼやほくろもあれば、自分で取ってはいけないいぼやほくろもあります。

では、どのようにして見分けられるのでしょうか?

自分でとってはいけないいぼとは?

いぼは大きく2種類に分類することができます。それは「ウイルス性いぼ」と「非ウイルス性イボ」です。この2タイプのうち自分でとってはいけないいぼはウイルス性いぼです。

非ウイルス性いぼは良性腫瘍のいぼで、見た目は小さくて盛り上がりも少なく、色は褐色系をしています。老人性いぼとも呼ばれており、加齢とともにできるようになるいぼで、危険なものではありません

しかし、ウイルス性いぼは悪性のいぼで、いぼを触った手で別の場所を触るといぼが感染して広がります。特に免疫力が低下していると感染しやすい、といわれています。

このタイプのいぼは最初は小さいですが、少しづつ大きくなり、中心部が埋没した形をしているという特徴があります。

ほくろやしみとよく似ているので、自分では触らずに、医療機関を受診すると良いでしょう。

自分でとってはいけないほくろとは?

ほくろにもいぼ同様、種類があり、特に”メラノーマ”と呼ばれているタイプのほくろは、皮膚がんとも言われています。

メラノーマは顔よりも手や足の裏などのできやすく、形がいびつで、色にむらがある特徴をしています。しみともよく似ているため、自分で判断できない時は、医療機関で専門医の受診することをおススメします。

自分でケアできるいぼやほくろ

上位以外のいぼやほくろである、老人性いぼや紫外線のメラニン色素の影響でできたほくろなどは、自分でケアしても問題ありません。

最近、ほくろ美白サポートやいぼが除去できると話題になっている「艶つや習慣」というオールインワンゲル化粧品があります。化粧水、乳液、美容液、クリームの4役がひとつになっている上、角質ケアと美肌ケアを同時に行なうことが可能となっています。

継続して使い続けることでイボがポロリと落ちたり、ざらついた肌がなめらかになったり、ほくろが薄くなるなどの効果を実感することが可能です。

天然由来の成分が配合されている安全なコスメなので、お子さんからお年寄りまでだれでも安心して使えると評判となっています。

いぼやほくろで悩んでいる方はこの機会に艶つや習慣を試してみるのはどうでしょうか?


TOP