ほくろ美白サポートやいぼ除去クリームおすすめまとめリスト

当サイトでは、ほくろやいぼなどの対処や美肌ケアの方法や、それらに役立つおすすめクリームのメリットなどをわかりやすく解説していきます。

MENU

ほくろといぼを皮膚科で治療するメリット・デメリット

ほくろといぼは皮膚科で治療を受けることができます。

また、形成外科や美容外科でも治療できるのでは、皮膚科で治療するのとどのような違いがあるのでしょうか?

以下でほくろといぼを皮膚科で治療するメリットとデメリットをお伝えしますので、参考にしていただければと思います。

ほくろといぼを皮膚科で治療するメリット

保険適用

ほくろといぼを皮膚科で治療するメリットは、保険適用内ということです。

つまり、治療費は3割負担となりますので、お財布にもやさしい治療と言えるかもしれません。

ただし、レーザー治療など治療方法によっては保険適用外となる場合もあります。

他の病気だった時も対応してもらえる

ほくろかいぼと思って病院で診察してもらったら、実は他の病気だったということもあるかもしれません。

時には皮膚がんである場合もあるのですが、皮膚科ならほくろかいぼか、もしくはその他の病気なのかすぐに診察してもらえますので、より安心して受診できるのではないでしょうか。

治療方法が豊富

皮膚科ではさまざまな治療方法が用意されています。

炭酸ガスレーザー治療はもちろん、液体窒素療法やヨクイニン療法などさまざまな治療方法がありますので、より希望にあった治療方法を選べるかもしれません。

ほくろといぼを皮膚科で治療するデメリット

跡が残る可能性がある

ほくろといぼを皮膚科で治療するデメリットは、治療後に跡が残る可能性があるということです。

皮膚科は見た目を重視した治療を行うのではなく、症状の改善を重視した治療を行っています。

形成外科や美容クリニックのように見た目の美しさも考えた治療は行っていませんので、ご注意ください、

治療完了まで長期間かかることがある

ほくろといぼの治療を形成外科や美容クリニックで受ける場合、一般的にはレーザー治療が用いられます。

レーザー治療の治療期間は10日から14日程度と非常に短期間です。

一方、皮膚科で主に行われている液体窒素療法など他の治療法における治療期間は3ヶ月程度となっていますので、時間が取れない方には大きなデメリットとなるでしょう。

なお、ほくろといぼの治療法については下記ページで解説しています。

⇒「ほくろといぼを治療するには?」


TOP