ほくろ美白サポートやいぼ除去クリームおすすめまとめリスト

当サイトでは、ほくろやいぼなどの対処や美肌ケアの方法や、それらに役立つおすすめクリームのメリットなどをわかりやすく解説していきます。

MENU

ほくろといぼはレーザーで治療

ほくろといぼは原因が異なるものですが、どちらもレーザーで治療することができます。

レーザーによる治療は、病院の皮膚科や美容皮膚科、美容外科で受けることが可能です。

ここではほくろといぼのレーザー治療のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ほくろといぼのレーザー治療とは?

ほくろといぼのレーザー治療とは、紫外線などのレーザーをほくろやいぼに照射し、焼き切る治療法です。

患部を切開する必要がありませんし、周辺の皮膚を傷つけてしまうリスクもほとんどありません。

ほくろといぼの治療にどなたでも安心して利用できる治療法と言えるでしょう。

ほくろといぼのレーザー治療 メリット・デメリット

ほくろのレーザー治療は、一般的に美容皮膚科、もしくは美容外科で受けることになります。

ほくろといぼのレーザー治療のメリット

跡が残りにくい

ほくろといぼのレーザー治療におけるメリットとして挙げたいのが、跡が残りにくいということです。

せっかくほくろやいぼを除去したのに、跡が残ってしまうとコンプレックスは解消されないでしょう。

特に顔や首など目立つ部位に跡が残ると大きなコンプレックスになってしまいますので、跡が残りにくいという点は大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

痛みがほとんどない

ほくろといぼのレーザー治療のメリットは、治療時に痛みをほとんど感じないということです。

レーザー治療の際には局所麻酔が使用され、注射する時にちくっとした痛みを感じますが、施術を行う際に痛みを感じることはないでしょう。

ちなみに、美容外科クリニックによっては注射で注入するタイプの麻酔ではなく、クリーム麻酔を使用するクリニックもあるようです。

治療期間が短い

レーザー治療のメリットとして、治療期間が短いという点も挙げられます。

施術時間は30分程度と短く、また10日から14日程度で治療は完了しますので、病院に通う時間がないという方には大変おすすめです。

ちなみに、いぼの代表的な治療法である液体窒素療法の場合、治療期間は約3ヶ月にも及びます。

ほくろといぼのレーザー治療のデメリット

治療費が高い

ほくろといぼのレーザー治療のデメリットとして、治療費が高いということが挙げられます。

では、なぜほくろといぼのレーザー治療は治療費が高いのでしょうか?

それは、保険の適用外であるためです。

液体窒素療法とは違い、全額自費となりますので、その点は認識しておきましょう。

跡が残る可能性がある

メリットの項目で「跡が残りにくい」と説明しましたが、跡が残る可能性も否定できません。

治療を担当した医師に技術がなければ跡が残ってしまう可能性がありますし、施術から完治までの間に患部をかきむしるなどすると、跡が残る可能性があります。

つまり、どの美容外科クリニックで治療を受けるか、そして施術後は患部を刺激しないことが大切です。

治療後に痛みがある

レーザー治療の施術時に局所麻酔が使用されることは先にお伝えした通りですが、麻酔の効果が切れた後は火傷のような痛みを感じることがあります。

ただ、それほど強い痛みではなく、数日経てば痛みは引きますので、その間は我慢しましょう。

ほくろといぼの治療法については、下記ページをご確認いただければと思います。

⇒「ほくろといぼを治療するには?」


TOP